群馬: そのお風呂のすべて

群馬: そのお風呂のすべて

東京からつま先までの距離にある群馬の温泉天国は、完璧な入浴エスケープです。

東京のまばゆいばかりのネオンから2時間未満で、群馬県の風光明媚な山々は事実上温泉であふれています。

宝川温泉には、ビール自動販売機と男女混合の入浴が可能な川沿いの露天風呂があります。 草津温泉は、毎分約4,000リットルの硫黄泉水を噴出します。 inoの河原温泉には他の99人が入る広大な露天風呂があり、星長寿館は山奥にある人里離れた旅館で、人里離れた露天風呂があります。

水、どこでも水

群馬の温泉への最良の紹介は、国内で最も多くの温泉水を誇る草津です。 町の中心部にある湯畑では、木製のトラフを使って冷やし、周囲の大浴場や旅館に湯を配っています。

地元の女性が伝統的な歌を踊ったり歌ったりしながら、大きな木製のパドルで温泉をかき混ぜる湯もみを目撃することもできます。

一部の温泉では入れ墨のある人が入ることができないことに注意することが重要です。 これが厳密に当てはまる場合は、施設の特定のポリシーを明確にする英語のサインを表示する必要があります。

ありがたいことに、入れ墨に対するスティグマは徐々に解消されており、政府は温泉所有者が2020年の東京オリンピックまでのボディーアートを持つ人々を差別することを積極的に阻止しています。

ハイキング、スキーなど

群馬の多様な景観は、入浴に時間を費やす必要がないことを意味します。 みなかみでは、贅沢から休憩して、代わりにエクストリームスポーツをすることができます。 このエリアには、夏のラフティングからバンジージャンプ、冬のスキーやスノーボードまで、アウトドアアクティビティの機会がたくさんあります。 谷川岳は、7月から11月までハイキングができ、冬には楽しいスキーリゾートになります。

海外の季節労働者に人気の場所なので、多くの企業も英語でサービスを提供しています。

新幹線は東京から群馬県の玄関口である高崎まで運行しています。 途中、高崎を代表する伝統的なだるまを手に入れましょう。 人形は、左目を着色し、願いが叶ったら右目を着色することで願い事をするために使用されます。

以下の場所をチェックして、群馬が提供するすべてを探索してください!

トップページ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です